· 

知ってますか?子育て中にしかできないこと

 

見てくれてありがとうございます!

保育士セラピストまやです。

 

 

突然ですが

私は、『子育てをするなら、知っておかなければならないこと』があると思っています。こちらではそのお話をさせていただきますね。

 

 

 

あなたに質問です。

子どもの”心の育ち”をどんなふうに意識していますか?

 

 

子どもが小さいから、まだ関係ない?

ほんの少しでいいので、本当に関係ないか、立ち止まって一緒に考えてみましょう。

 

 

 

”心”は脳にありますが

 

  • 愛されていない
  • 認められていない
  • 受け入れられていない
  • 関心を持ってもらえない 

 

子どもがこう感じることで、脳の成長が歪んだり止まったりしてしまいます。

 

知っていましたか?

 

 

 

 

 

子ども自身が「ぼくを、わたしを、認めてくれてない」と感じると、脳が物理的に傷ついてしまう。脳科学の研究で明らかになっています。そして生きづらさへとつながります。

 

 

 

私が思う 『子育てをするなら、知っておかなければならないこと』とは、親の今のふるまいが、必ず子どもの将来に影響してくるということです。

 

いいことも、悪いことも、です。

 

そんなの当然だよ!と思いますか?私たち親も人間ですから、子どもへの態度をいつも一定にすることはとても難しいです。

 

現実には、今のふるまいがどこへつながっていくのかを意識しないまま、親子の時間が過ぎてしまっていることが多い。私はそこに問題意識を感じています(自分も含めて)。

 

 

今のお母さんは勉強熱心な方も多いので、知育おもちゃ・モンテッソーリ教育・声かけの仕方…などなど、子どもに関するいろんな知識やテクニックを持っている方が多いです。

 

 

”知ってる”

”できる”

”常にやってる”

 

これらはステージが違います。

 

いい情報をみて「よさそうだ!やってみよう!」と思う。チャレンジしてみる、だけどいろんな要因にじゃまされて難しい…

 

あなたも経験があるのではないでしょうか?

 

しかも冒頭にお話しした、脳の歪み・傷つきが起こると本末転倒。

 

せっかくの気づきも、お金も、時間もムダになる。そればかりか子どもの未来も変えてしまう。

 

そうして私たちは、わりと簡単に、幸せを見失います。

 

 

 

 

 

 

自ら不幸にならない方法

 

脳の歪みや生きづらさを防ぎ、子ども自身の力を大切にする育児の方法があるなら、知りたいと思いませんか?

 

 

子どもに丁寧に向き合う

それは、実は

 

自分に丁寧に向き合うこと。

 

 

事前に知っておくことで、大きな不幸を防げます。知らなかったと後になって後悔しても、遅いのです。

 

大変な子育てだからこそ、後で後悔したくない。だって、むなしいじゃないですか。こんなに一生懸命頑張ってるのに、「私のやり方が間違っていた」と振り返るのは。

 

親として自覚したい。その背中をちゃんと子どもに見てほしい。

 

なので私は、ここで【無料】でお伝えすることにしました。お伝えするのは次の2つです。

 

 

 

私たち親は、子どもの育て方を学ぶ機会がないまま親になります。

 

体重が○㎏増えたり、○○ができるようになったり、それだけが子育てだと思ってしまいがちで、プロセスに隠された重大な価値に気づかない人も多いのではないでしょうか?

 

私が仕事としてやっている「保育士」とは、子どもにとって最善であることをし続ける存在です。

 

その保育士は「保育所保育指針」という公的な機関がすすめる方法にそって、子どもと過ごしています。難しい内容を初心者でもわかるように動画にしました。

 

見ると、子どもと関わる”深さ”がわかります。そして子どもの見方が変わっていきます。

 

 

 

 

 

子どもとの暮らしは、無意識のうちにあることを進めてしまいます。それは「親が無理しちゃう」こと。

 

私は過去に自分というものを無視し続けた結果、爆発(マジの発狂…😱)しちゃってました。

 

 爆発以外にも、

  • 子どもにきつく当たってしまう
  • 子どもに手を上げる
  • 夫と仲が悪い

など子どもの心の育ちをじゃますることにつながります。

 

今日のあなたが、今日も自分らしくいるためのコツを解説します。自分を大切にする毎日が始まります。

 

「子どもの心を育ててあげよう」と気負う必要はありません。自分を大切にしながら生きる毎日が、自然と子どもに伝染していくことは、穏やかで心地よいものです。

 

 

 

 

プレゼントは予告なく終了しますので、今のうちにお受け取りください。

 

 

 

 

 

 

こんな方におすすめ

 

✓ 0~6歳の子どもがいる

✓ 働いているので子どもとの時間を多くとれない

✓ 子どもに苦手意識がある

✓ 自分の育児に自信が持てない

✓ 子どもや夫の行動にイライラする

✓ 夫婦でぶつかり合ってしまう

✓ 育児情報はネットで検索している

✓ 子どもが理解できない

 

 

 

幸せのカタチも、心の在りようも1人1人違うものですよね。でも土台となる部分は人間ですから、共通しています。

 

ちょっと時間をとって、子育ての視野を広げてみてください^^

 

 

 

自己紹介

 

保育士セラピストまや

 

私はもともと、育児に自信が無かったことをきっかけに、保育のことを学び始めました。保育とは、子どもを守り育てることです。現在は、託児OKの「リンパケアサロンおててつないで」にて、ママに質の良い休息を提供しています。

 

 

  • ひとり親家庭で育つ
  • リラクゼーションセラピスト歴16年
  • 出産後に保育士として勤務
  • 子ども3人(6歳・5歳・3歳)+夫の五人家族

 

 

 

 

プレゼントは予告なく終了しますので、今のうちにお受け取りください。