· 

時間も働き方も自分次第!お金のゆとりを自分でつくる方法「携帯利権ビジネス」

 

こんにちは。保育士セラピストmayaです。

 

不労所得や権利収入。働かなくても収入がある仕組みづくり。気にはなっていたけど、何をすればよいかわからなかった私が、携帯利権ビジネスを開始しました。

 

ゼロから始めて実際に稼げるまでどうだったのか。初心者目線でレポートします。

 

「月5万円」

 

これが毎月手元に、何をしなくても入ってくるとしたらどうですか。

 

「個人で稼ぐ」を私もやってみたい。だけど私にできるのかな・・自信ないな。と考えるあなたは必見です。無縁だと思っていた「何もしなくても入ってくるお金」を生む仕組みを見てみましょう。

 

 

【本記事の内容】

  • お金のゆとりを自分でつくる方法「携帯利権ビジネス」
  • 時間も働き方も自分次第。個人で稼ぐために必要なこと
  • 40代だからできることを自信にする方法

 

 

 

 

お金のゆとりを自分でつくる方法「携帯利権ビジネス」

 

私が毎月、権利収入を得るためにしたことは下記です。

 

 

 

①格安SIMに変える

②総務省に認可してもらう

③ビジネスを学んでいく

 

 

特別難しいことはしていません。全くの未経験でしたが、資料を参考に少しずつ進めました。しかも全て在宅で!

 

在宅でできるのは三人育児中&ワ―ママの私には超♪助かるポイントです。

 

 

 

①格安SIMに変える

 

docomo、au、softbankの3大キャリアに契約している方は日本では9割以上。毎月平均で約10,000円を支払っているそうですが、実はスマホ代は大きく下げることができるのはご存知ですよね?

 

そういう私もこの仕事を始める前は「なんとなく手続きが面倒だから」という理由で格安SIMにしていませんでした。

 

この「よくわからないから面倒」が大きなネックになって、格安SIMはあんまり広がっていないんです。

 

 

 

それを伝えるのがメインの仕事になります。ということでまずは自分が登録(SIMを今のキャリアから乗り換え)します。

 

 

 

私の通信費の変化

 

ソフトバンク時代 約11,000円

乗り換え後4,860円(+税)

↓↓

約6,000円節約!!

 

 

通信速度はぜんぜん落ちていません。なぜなら大手キャリア(docomo回線またはソフトバンク回線)を利用することになるから。

 

むしろ田舎の実家などはよくなったくらいです(笑)

 

選択するプランによってdocomo回線かソフトバンク回線を使用することになるから機能的な問題はまったく無く、「なんで早く変えなかったんだ自分!」って感じです。

 

 

②総務省に認可してもらう

 

これができるからこの収入は魅力的なんです。日本は資格社会ですからね。2020年12月時点では私のような一個人でも申請さえすれば、書類のやりとりだけで手続きができます。

 

が、一年後は認可のハードルが高くなることが予定されています。

 

「通信費の削減」は国が推し進めていることなので(docomoやソフトバンクが値下げプラン出しているニュースは最近頻繁ですよね)、おそらく年々そのハードルは高くなると予測されています。

 

少なくとも今のように【無資格者がゼロ円で】得られる権利ではなくなってきます。でも私は【無資格でゼロ円で】権利を得ました。

 

 

国が認めた資格といえば例えば、医師、柔道整復師、看護師、保育士など多数あります。それらがあるということは同時に「資格がないとしてはいけない行為」を決められているということ。

 

国(総務省)に認可されるから、販売できるものがあり、それがやがて収入になるのです。

 

 

 

スマホを持つ人が必ず必要な通信インフラの販売権利が得られるビジネス

 

 

 

 

③ビジネスを学んでいく

 

 

私がサロン開業したときに比べればずいぶんあっさりと事業スタートができました。サポート体制もきちんとあるので①②までは問題なく進めると思います。

 

ビジネスの基本は、必要な人に必要なものやサービスを届けること。節約したい人や収入を増やしたい人を見つけ、いいなと理解してもらって、購入につなげていくための勉強をします。

 

勉強と言っても身構える必要はなく、このビジネスを始める人の特典でもある「オンライン学習」も大いに活用できます。

 

約2時間の有益な動画が数十本見れるのでお得だなと思います。しかも稼ぐ力を教えてくれるという、目的的中しすぎな内容で、人生で得しそうな内容も多い。

 

もちろん独学で本を読むのもよいし、スキルアップのために新しいことを始めてもいいですね。

 

 

 

 

 

 

時間も働き方も自分次第。個人で稼ぐために必要なこと

 

何度も言いますがビジネスの基本は、必要な人に必要なものを届けること、または必要なサービスを提供することです。個人で稼ぐために持っておかないといけないのは、売れる商品(またはサービス)です。

 

例えば。今日は息子の誕生日だから、好物のハンバーグをつくろうと買い物に来た人に、この最高級のかつおぶしでとったダシは最高だよー!」とアピールしても「うーん、今は違う・・・」となりますよね。

 

またユニクロ好きの人に、シャネルの50万円のカーディガンは買ってもらいにくいです。最高級のかつおぶしもシャネルの50万円カーディガンも、その人にとっては「必要のないもの」。

 

それは売れない。末永く続く事業としては成り立ちません。

 

 

 

 

だけどスマホ代はどうでしょう?もっと言えば、スマホを節約することによって得られる「お金」はどうですか?

 

必要なものですよね。

 

このビジネスで扱う商品とは、スマホ回線。絶対売れるものです。

 

 

 

月々7,500円でビジネス権を得ます

 

 

このお金は事業を行うための資金です。

 

個人で仕事をする=事業ですが、他者の力を何も借りない場合は家賃、研修費、人件費、商品仕入れ代金など開業資金が必要です。

 

このビジネスは月々7,500円。チャレンジすることを現実的にしてくれる金額だと思いませんか?

 

どんなに「うまくいく」と思った事業であっても、数十万、数百万の自分のお金を使うのはビビってしまう人が多くて、結局チャレンジする人は少ないです。

 

 

 

月々7,500円でみんなが絶対に必要なものがあなたの商品になります。しかもかなり力強いノウハウ付きで。

 

しかも嬉しいボーナス付きで!!(長くなるのでここでは割愛します)

 

スマホはたぶん死ぬまで使いますよね。そういうものは他にもあって、例えば電気、ガス、水道、鉄道、郵便。それらと同レベルのものがあなたの商品になります。

 

どういうことかというと、お客様となりうる人はかなり幅広いのです。

 

 

 

「個人で仕事を始める」は挑戦の一歩

 

正直な話「権利収入を得ながら、今の生活を維持すること」は誰でもできます。

 

子どもが大きくなってパートを始めたり、転職できる年でもないからと不安や不満を持ちながら仕事をしたり、という方が多い印象です。

 

何歳であっても自分らしさを活かしながら仕事ができる時代になっているのに、個性を隠すことを求められる仕事だけで人生を終わるのはなんだかもったいない気がします。

 

 

 

選択できるゆとりのあるうちに「個人で稼ぐ」ということを真面目に考え、行動することができたら、自分のしたいように生活を組み立てていくことができます。

 

極論かもしれませんが、離婚を考えた時や職を失った時に備えられるということです。

 

 

ここには圧倒的に行動と勇気の差があると思います。時給○○円や月給○○円という労働収入とは違って、携帯利権の権利収入で稼ぐに持っていくには目線を変えることが必要で、勇気がいること。

 

でも、誰もが必要な通信インフラを、個性あるあなたという人が扱うから届けられる人がいることも事実です。これは大事なことなので後ほど詳しく書きます!

 

 

40代だからできることを自信にする方法

 

「権利収入を得るなんて、自分にはできないよ」と思ってしまう人の大半は、失敗を恐れているのかなと思います。

 

 

 

私も権利収入を得る前は「思ったより稼げなくて、月々がマイナスになったらどうしよう」みたいなことを考えていましたが、最終的には下記のようなマインドになりました。

 

 

 

頑張れるときに頑張って仕事して収入を増やそう。出来ないときには一旦保留にして、いよいよ無意味になったら解約しよう

 

 

お金を生む手段を手元に置いておく感覚です。子育てや本業が忙しくて、仕事らしい仕事ができない期間もあるかもしれないけどその時は一旦距離をおいて保留に、そしてまた収入を上げたくなったときに頑張ろうという感じ。

 

 

 

このビジネスのいいところ

長所①:自由度が高い

長所②:オンライン完結もできる

長所③:ずっと使うもの

 

 

長所①自由度が高いと子どもの急な発熱や行事ごとで忙しかったり、シフト制の仕事との両立もしやすいですね。流動的に働けることはストレスを減らすことにつながります。

 

また②オンライン販売ももちろんできます。例えばあなたが40代でSNS初心者の場合、20代のネット知識がバリバリあるような人にはわからない気持ちがわかります。だから気づくことや、誰かにかけてあげられる言葉があります。

 

 

 

 

先ほど、個性あるあなたが扱うから価値があるという話をしましたが、「この人の話を聞きたいな」と思ってもらうために必要なのは「あなたらしさ」だったりするんです。

 

月並みな言葉かもしれませんがホントそう。「あなたらしさ」をオンラインで活かす方法もちゃんとありますよ。

 

そして③この権利収入の魅力はずっと収入があること。しかも一度契約したらなかなか変えませんよね、ネットやスマホ回線って。

 

ずっとみんなが使うもの「通信回線」の販売主になんて誰もがなれるものではありません(だけど今なら、なれる)。

 

 

 

 

自分ができる時に、自分にできるやり方でビジネスができる状態は、自分の時間も家族の時間も大切にすることができます。

 

でもいいことばかり言って、短所をお伝えしないのもよくないと思います。私がこのビジネスを始めて、稼げるようにはなりましたが短所も感じています。

 

短所と、それをどうクリアしていくかはLINEメッセージをくださった方にお答えしています。お気軽にどうぞ。

 

>>LINEメッセージはこちらから

 

 

 

スキルや自信はあとからついてくる

 

今現在は持っていない権利収入を得るということは人生を変える事。それほど大きなパワーを持っています。

 

働かなくてもまとまった収入が得られたら・・・あこがれの場所に住んで、好きなファッションで過ごして、趣味の○○を楽しみながら、健康のために体にいいものを食べて・・・自由な生活を送ることができます。

 

 

 

 

待っているだけでは得ることはできない。ではどうすればよいか?それは学ぶことと挑戦することです。

 

何かで自信をつけたいとき、本を読んだりセミナー受けたりするのもいいですが、一番の近道は人の学びよりも自分で何かをやったとき。

 

何かをやる時に知識が必要だったら、そのタイミングで勉強すればOKです。進みながら考える。このスタンスが権利収入で安定した収入を得るための一番の近道です。

 

「よしやろう!」と思う前に、私が体験して感じたこのビジネスの短所についてもお話ししておいたほうがいいと思います。LINEメッセージでお問い合わせください。

 

「もう少し詳しく知りたいな」と思う方もLINEメッセージをください。

 

 

>>保育士セラピストmayaのLINEはこちら

 

 

友だち追加