· 

「はぁ?もう起きた?!」赤ちゃんの泣き声にイライラするママへ

0歳の赤ちゃんと過ごす日常。

 

授乳、おむつの交換、寝かしつけ

すべてが赤ちゃん中心で時が過ぎる・・・。

 

 

「・・・・やっと寝てくれた!!

もう・・・・髪の毛ボサボサで嫌になる・・・

 

さ、やっと自分のこと しよう」

 

 

 

 

と思ったとたん。

 

 

 

 

「ふえぇぇーーん・・・」と聞こえる我が子の泣き声。

 

思わず

はぁぁ?!さっき寝たばっかりよね!!まだ泣くの?!

 

 

 

 

 

と、イライラすることがありませんか?

私は、あります。

(ただ今0歳3ヵ月の赤ちゃん 子育て中)

 

 

よく育児経験者から

「赤ちゃんは 泣くことが仕事」って言われますが、

すぐ近くで毎日泣きつかれるママは

 

わかっていても疲れてきます。

 

 

 

疲れて当然ですよ、

ママはこんなに頑張っているのに

 

 

赤ちゃんはそんなことおかまいなしに

「抱っこして!」

「腹減った!」

「ちょっと暑いのよ」

「おしりが気持ち悪い!」

・・・と言えないから

 

 

とにかく泣いて泣いて 自分アピールをしてきます。

 

 

 

自分のことを後回しにして、すぐに赤ちゃんの元へ駆け寄る。

 

こんなに背中が痛いのに。

毎日寝不足で、私もお昼寝したいのに。

ごはんまだ食べてないのに。

 

 

この「私は○○なのに!!」が

増えてきたら、疲れはイライラに進化します。

 

 

 

肩こり、腰痛、だるさなどの未病()が

多ければ多いほど

大きければ大きいほど

 

 

疲れがイライラへ進化するのが早くなります。

そうすることで、ママの体が悲鳴をあげているのです。

未病・・・・病院へ行くほどではないけれど、体に現れる不快症状)

 

そういうときは体のケアを

積極的に行ってみてください。

 

 

当店のコース リンパマッサージ 

おすすめです。

 

お子様と一緒にご来店もOKです。

 

貸切プライベートサロンなので他のお客様を気にすることなく

ごゆっくりお過ごしいただけますよ。

キッズスペース、赤ちゃん用ゆりかごもございます。

 

 

 

ママの体のしんどさが減ると

イライラに到達するまでの時間が長くなり、

子どもに優しくできる時間が増えます。

 

 

 

ゆとりがね、あるときはいいんです。

体力にゆとりがあれば

眠るまで抱っこしてあげられるし

 

心にゆとりがあれば

「おむつ替えましょうね」なんて優しい声も出せる。

 

 

もう少し大きなお子さんがいらっしゃるなら

「今日は最後まで話を聞いてあげよう」

「あの子の好きなあれ、久しぶりに作ろう」

 

優しいママになれる。

 

 

 

イライラすることが多いときは

まず、ママの体にママ自身が優しくしてあげてくださいね。

 

 

 

パパにも普段から

「私のイライラが増えてきたと思ったら、まず私の体を労わってね」

と伝えておくと◎です。

 

(うちはこれでマッサージ代を捻出します。笑)

 

 

 

 ■リンパケアサロンおててつないで ホームページ

 

 

<< 次のページ  |  前のページ >>